メニューボタン
メニューボタン

教えて先生!肩こり痛の原因とは?

ホーム > 教えて先生!肩こり痛の原因とは?

教えて先生!
肩こり痛の原因とは?これが原因!

肩こり痛について、
医学博士 山田朱織先生が解説します。

教えて先生!肩こり痛の原因とは? これが原因!

山田 朱織 先生
(医学博士)

16号整形外科院長 医学博士
(株)山田朱織枕研究所 代表取締役社長
マクラ・エバンジェリスト
日本整形外科学会専門医、日本腰痛学会会員
日本脊椎脊髄病学会会員、日本睡眠学会会員

肩こり痛とは

肩こり痛とは、頭や首、肩、背中周辺に感じる痛み・張り・硬さなどの自覚症状のこと

肩こり痛は、頭・首・肩・背中のあたりに感じる“痛み”“重さ”“張り”“硬さ”などの自覚症状の総称で、
病気の名称ではありません。

日本人がよく口にする「肩こり」や「肩の痛み」という表現は、英語ではneck pain (首痛)、stiff neck(硬い首)、chronic neck and shoulder pain(慢性の首と肩の痛み)など、痛みを感じる部位や症状の特徴により異なります。

肩こり痛の原因

肩こり痛の原因は筋肉疲労、疾患、心因性などがあります。人によって肩こり痛のタイプはさまざまです。

肩こり痛は、首周辺の筋肉の血液循環が悪くなることにより酸素不足が生じ、老廃物が蓄積され発症します。
この血液循環が悪くなる要因は、日常や夜間睡眠時の姿勢、体形、生活習慣など様々ですが、大きく3つのタイプに分けることが出来ます。

  1. 原因が明らかではない(本態性)肩こり痛タイプ 過労や運動不足、寒さや冷え、
    精神的緊張、寝不足、姿勢の悪さ、
    加齢などによる原因が明確でない
    筋肉の疲労が原因の肩こり痛症状
  2. 病気が原因で起こる(症候性)肩こり痛タイプ 首・肩・肩甲部などの
    整形外科疾患や耳鼻科・眼科・
    歯科・内科・婦人科などの疾患が
    原因の肩こり痛症状
  3. 心因性肩こり痛タイプ 自律神経不全、うつ病、心身症などが原因の肩こり痛症状

特に①タイプの場合には、血行不良により筋肉が硬くこわばって、痛みやしびれが生じやすくなります。 他にもなで肩※1、首や肩、背中周囲の筋力の弱さ、女性ホルモン※2の影響など、女性特有の体型や症状、不調なども、 肩こり痛の原因と考えられます。

肩こり痛は疾患や環境、ストレスなどが複雑に重なり合うことにより発症し、
痛みをそのままにしている事で 血行不良がより悪化していくことがあります。

  • ※1なで肩の人は、首から肩にかけての筋肉が、下がった腕に引っぱられ筋緊張が高まることで血流が悪くなります。
    また、なで肩の人は神経や血管の通り道である胸郭出口(第1肋骨と鎖骨の間にある斜角筋のすき間)が狭いことが多く、
    それらが圧迫されることにより腕がしびれたり、肩こり痛が発症したりする可能性があります。
  • ※2女性ホルモン=エストロゲンの欠乏は、筋肉の血液循環に悪影響を与えます。血流が低下すると、筋肉は酸素不足や栄養低下の
    状態となって硬くなり、肩こり痛を感じるようになります。

肩こり痛の予防、改善

起きている時も寝ている時も「正しい姿勢」を意識して、肩こり痛を予防・改善!

肩こり痛を改善する方法としては、常に「正しい姿勢」を意識しながら姿勢をコントロールすることが重要です。
毎日のさまざまな姿勢※3を正しく整えることで、筋肉の緊張感は緩和、血流も促されるため、肩こり痛の改善も期待できるのです。

意識しなくてはならない「姿勢」は、日中行動をしている時の「日常姿勢」と夜眠っている時の「睡眠姿勢」の2つです。

※3 正しい姿勢とダメな姿勢
  • 正しい姿勢 正しい姿勢
  • ダメな姿勢 ダメな姿勢

(1)日常姿勢の意識
   仕事中や通勤時(電車やバスの車内など)、
   家事をしている時の姿勢、
   立ち方や座り方、歩き方などを常に意識しましょう。
   運動や休憩、入浴の方法、身体を冷やす・温める、
   などにも気を配ることが大切です。

(2)寝姿勢(睡眠姿勢)の意識
   正しい睡眠姿勢を保つためには、首や頭を支える枕を
   はじめ、敷布団やかけ布団、ねまきの役割がとても重要です。

すぐ治したい肩こり痛には?

すぐ治したい肩こり痛には血流促進が効果的です。
首や肩、腕を温め血流を促す対症療法としては、
入浴やマッサージ、湿布や塗り薬などの使用が効果的です。

  • 病気やけが、身体変形などの問題がある方は、整形外科など専門医に診断を仰いでください。

セルフメディケーション税 控除対象このマークのついた製品は2017年1月施行のセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)対象製品です。更に詳しくはこちら

教えて先生!
肩こり痛の原因とは?これが原因!

肩こり痛について、
医学博士 山田朱織先生が解説します。

肩こり痛とは

肩こり痛とは、頭や首、肩、背中周辺に感じる
痛み・張り・硬さなどの自覚症状のこと

肩こり痛は、頭・首・肩・背中のあたりに感じる“痛み”“重さ”“張り”“硬さ”などの自覚症状の総称で、病気の名称ではありません。

日本人がよく口にする「肩こり」や「肩の痛み」という表現は、英語ではneck pain (首痛)、stiff neck(硬い首)、chronic neck and shoulder pain(慢性の首と肩の痛み)など、痛みを感じる部位や症状の特徴により異なります。

肩こり痛の原因

肩こり痛の原因は筋肉疲労、疾患、
心因性などがあります。
人によって肩こり痛のタイプはさまざまです。

肩こり痛は、首周辺の筋肉の血液循環が悪くなることにより酸素不足が生じ、老廃物が蓄積され発症します。
この血液循環が悪くなる要因は、日常や夜間睡眠時の姿勢、体形、生活習慣など様々ですが、大きく3つのタイプに分けることが出来ます。

  • 原因が明らかではない(本態性)
    肩こり痛タイプ
    過労や運動不足、寒さや冷え、精神的緊張、
    寝不足、姿勢の悪さ、加齢などによる原因が
    明確でない筋肉の疲労が原因の肩こり痛症状
  • 病気が原因で起こる(症候性)
    肩こり痛タイプ
    首・肩・肩甲部などの整形外科疾患や
    耳鼻科・眼科・歯科・内科・婦人科などの疾患が
    原因の肩こり痛症状
  • 心因性肩こり痛タイプ 自律神経不全、うつ病、心身症などが
    原因の肩こり痛症状

特に①タイプの場合には、血行不良により筋肉が硬くこわばって、痛みやしびれが生じやすくなります。他にもなで肩※1、首や肩、背中周囲の筋力の弱さ、女性ホルモン※2の影響など、女性特有の体型や症状、不調なども、肩こり痛の原因と考えられます。

肩こり痛は疾患や環境、ストレスなどが
複雑に重なり合うことにより発症し、
痛みをそのままにしている事で
血行不良がより悪化していく
ことがあります。

  • ※1なで肩の人は、首から肩にかけての筋肉が、下がった腕に引っぱられ筋緊張が高まることで血流が悪くなります。また、なで肩の人は神経や血管の通り道である胸郭出口(第1肋骨と鎖骨の間にある斜角筋のすき間)が狭いことが多く、それらが圧迫されることにより腕がしびれたり、肩こり痛が発症したりする可能性があります。
  • ※2女性ホルモン=エストロゲンの欠乏は、筋肉の血液循環に悪影響を与えます。血流が低下すると、筋肉は酸素不足や栄養低下の状態となって硬くなり、肩こり痛を感じるようになります。

肩こり痛の予防、改善

起きている時も寝ている時も「正しい姿勢」を
意識して、肩こり痛を予防・改善!

肩こり痛を改善する方法としては、常に「正しい姿勢」を意識しながら姿勢をコントロールすることが重要です。毎日のさまざまな姿勢※3を正しく整えることで、筋肉の緊張感は緩和、血流も促されるため、肩こり痛の改善も期待できるのです。

意識しなくてはならない「姿勢」は、日中行動をしている時の「日常姿勢」と夜眠っている時の「睡眠姿勢」の2つです。

(1)日常姿勢の意識
仕事中や通勤時(電車やバスの車内など)、
家事をしている時の姿勢、立ち方や座り方、歩き方などを常に意識しましょう。運動や休憩、入浴の方法、身体を冷やす・温める、などにも気を配ることが大切です。

(2)寝姿勢(睡眠姿勢)の意識
正しい睡眠姿勢を保つためには、首や頭を支える枕をはじめ、敷布団やかけ布団、ねまきの役割がとても重要です。

※3 正しい姿勢とダメな姿勢
  • 正しい姿勢 正しい姿勢
  • ダメな姿勢 ダメな姿勢
すぐ治したい肩こり痛には?

すぐ治したい肩こり痛には血流促進が効果的です。
首や肩、腕を温め血流を促す対症療法としては、入浴やマッサージ、湿布や塗り薬などの使用が効果的です。

  • 病気やけが、身体変形などの問題がある方は、整形外科など専門医に診断を仰いでください。

山田 朱織 先生

山田 朱織 先生
(医学博士)

16号整形外科院長 医学博士
(株)山田朱織枕研究所 代表取締役社長
マクラ・エバンジェリスト
日本整形外科学会専門医、日本腰痛学会会員
日本脊椎脊髄病学会会員、日本睡眠学会会員

セルフメディケーション税 控除対象このマークのついた製品は2017年1月施行のセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)対象製品です。更に詳しくはこちら

ハリックスほぐリラシリーズ
商品ラインナップ

  • ハリックス ほぐリラ ロールオンタイプ
  • ハリックス ほぐリラ 冷感
  • ハリックス ほぐリラ 温感
メニュー一覧
「ほぐリラ」からのご提案
商品ラインナップ
専門家に聞いてみた!肩こり痛対策コラム
こんな時どうする?肩こり痛対策
教えて先生!肩こり痛の原因とは?

ページトップへ